スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回勉強会を終えて

第5回を担当しました後藤智志です。
今回から肩甲帯パターンに入りました。肩甲帯パターンは寝返りや体幹帯へのアプローチ、下肢へのイラディエーションを用いた歩行へのアプローチなど私自身臨床でよく使うパターンです。しかし、動きが少ないことや視覚が使いにくいことから患者さんに理解されにくかったり、様々なところで代償が出てしまったりと正確に誘導することが難しいパターンでもあります。今回は徒手接触、セラピストの身体の使い方などを時間をかけ学んでいただき正確な動きを引き出すポイントを理解していただきました。次回は肩甲帯の前方下制と後方挙上のパターンを運動を学習していくためのテクニックを交えて練習していきたいと思います。沢山の方々のご参加をお待ちしております。




DSC_0529 (2)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。