スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回勉強会を終えて

 第3回勉強会を担当した仲田享平です。
 3回目の今回からはパターンに入りました。PNFといえば上肢や下肢のパターンを想像される方も多いのではないかと思いますが、実はPNFには頚部、上肢、肩甲帯、骨盤帯、下肢、体幹と6つパターンがあります。その中でも今回は骨盤帯パターンをテーマにお話させていただきました。
 骨盤帯パターンは体幹や股関節、下肢の治療に臨床の中で使うことが多いパターンの1つですので練習をしていけばすぐに患者さんの治療に使っていけると思います。
 前方挙上と後方下制の2パターンに絞り実技時間を多くとり勉強会を進めていく予定としていましたが、終盤は時間に追われるような形となってしまい受講者の方には不完全燃焼の方もいらしたかもしれませんので次回は再度前方挙上、後方下制の復習をしていきたいと考えています。
 また次回も多くの方のご参加をお待ちしております。


DSC_0451 (800x450)
スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。