スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよスタート!!

4月14日

第1回鳥取PNF勉強会開催しました。
テーマは「体幹の安定化を考える」でした。

療法士ならば皆が体幹の重要性を痛感していると思います。四肢に問題がある患者さんの多くが体幹に問題を持っていたりしますし、体幹に原因があるから四肢に症状が出ている患者さんもいます。体幹をどのように捉え、どのように展開するのか… 療法士にとって頭が痛くなる部分だと思います。

今回は「PNFの紹介」ということもあり、PNFの考え方を紹介しました。その中でも「コア」ってなんだろう?良い姿勢って?巷で言われてる姿勢で本当に「コア」が効いてるの??じゃあPNFではどのように展開しているの? そういった部分を私見を交えながら紹介させていただきました。日頃皆さんが臨床で展開されている方法と大きな違いはなかったと思います。モーターコントロールの段階にしっかりと落とし込みきっちり展開する。セラピストの求める課題が患者の問題点にマッチングしているのか?などなどをお話させていただきました。今回はザックリとお話・実技をしましたが
今後、私を含めたスタッフで「PNF」を伝達していきます。細部にまで話が及んでしまうこともあると思います。ですが、できるだけ分かりやすい「勉強会」を目指していますのでご心配なく。

患者さんは何が今できるんだろう?良い部分を使い、そこから良い反応を障害部位に出せないのか?患者さんの潜在能力をどうやったら最大限引き出せるんだろう??

臨床で行き詰った時に私は「PNF」と出会いました。次の日見よう見まねで覚えた「骨盤帯パターン」を患者さんにやってみました。驚くくらい患者さんの足が動いたんです。あの衝撃があったから今でも「PNF」を続けています。

患者さんや皆と一緒に最幸な喜びを共有したいです。


1429084460972.jpg


スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。